Twitter Archive 2010-06-14

  • [2010-06-12 21:15:22] ホネットの新刊、Suhrkampより7月中旬刊行予定。 Das Ich im Wir – Suhrkamp Insel Bücher Buchdetail – http://bit.ly/cSq0CR #
  • [2010-06-12 19:35:42] ホネット『自由であることの苦しみ』英訳に対する、J. M. Bernsteinのレビュー。 Philosophical Reviews – http://bit.ly/dx6mfe #
  • [2010-06-12 19:32:36] The Guardian、ハーバーマスの論考。 Germany's mindset has become solipsistic – http://bit.ly/9aBpnU #
  • [2010-06-12 19:30:50] The Irish Times、ハーバーマスのインタビューと記事。Merkel has depleted her capital of trust within EU – http://bit.ly/aWfL6v http://bit.ly/daRh3h #
  • [2010-06-10 22:04:47] と思っていたら、もう予定が入ってきた。むむ、初めてだな、これは。少しハードルが高いが、とりあえず候補をリストアップ。週末は図書館でリサーチだ。 #
  • [2010-06-10 18:25:53] 今年も読み聞かせボランティアに参加することになりそう。あと何年できるかな。 #
  • [2010-06-10 12:10:19] @ttya70 the Book Depository、良さそうですね。日本も送料無料のようです。今度、試してみようと思います。 in reply to ttya70 #
  • [2010-06-09 21:07:05] 日本社会学会 社会学事典刊行委員会 編『社会学事典』、6月中旬、丸善より刊行予定。社会学会会員あてにパンフレットが届いていた。 [丸善出版事業部ニュース] – http://bit.ly/cnchtM #
  • [2010-06-09 18:36:21] ホルクハイマーの教授資格論文の翻訳が刊行されていた。 理論哲学と実践哲学の結合子としてのカント『判断力批判』 – こぶし書房 – http://bit.ly/aFG1ZB #
  • [2010-06-09 18:21:04] その前日(6月15日)にハーバーマスの講義、‘The Political’: The Rational Meaning of a Questionable Inheritance of Political Theology. UCD – http://bit.ly/a4myP8 #
  • [2010-06-09 18:19:18] ハーバーマス、6月16日にアイルランドのダブリン大学でユリシーズ・メダルを授与されるらしい。 #
  • [2010-06-09 17:53:09] 6月19・20日、日本ヘーゲル学会 第11回研究大会にて、「シンポジウム 法哲学の現代的可能性―アクセル・ホネット『自由であることの苦しみ』を巡って―」開催。 日本ヘーゲル学会 – http://bit.ly/9cLbfK #
  • [2010-06-09 17:46:25] 二次文献、「ルーマン vs. ハーバーマス 再訪」。教育における宗教の機能がテーマ。リンク先はPDFファイル。 – http://bit.ly/aTvYZ0 #
  • [2010-06-08 21:00:35] 要チェック。RT @tanaka_hitoshi 政治哲学者ヌスバウムが人文学の危機を論じた新刊。いろいろな意味でタイムリー。 Nussbaum, M.C.: Not For Profit: Why Democracy Needs……. http://goo.gl/k5M8 in reply to tanaka_hitoshi #
  • [2010-06-07 08:38:25] 土日と日にあたっていた時間が長かったせいか、疲れが残っている。歳ですな。今日と明日が山。 #
  • [2010-06-07 08:36:12] Twitter Tools、ようやく解決かな。コードが読めないので理屈は分かっていないが、とりあえず不具合は生じなくなった。そのうちメモしておこう。 #