未來社からホネットの翻訳

未來社

アクセル・ホネットの邦訳書、『自由であることの苦しみ――ヘーゲル「法哲学」の再生』が近いうちに(?)未來社から刊行されるようだ。未來社のウェブサイトの西谷社長日録 を見ていたら、そのような記述があった。

Leiden an Unbestimmtheit. Eine Reaktualisierung der Hegelschen Rechtsphilosophie.

ドイツ語原書は右かな。