うーむ

難航中。難しいなあ……。

それにしても、ホネットの議論は、現時点であらためてホネット自身による体系的な著作が必要だと思う。『承認をめぐる闘争』からは大きく変わっているのだが、その一方で、あちこちに散らばっていて、なかなか見通しにくい気がする。