内堀弘『ボン書店の幻』

ボン書店の幻―モダニズム出版社の光と影 (ちくま文庫)

なにげなく読み出したら、止まらなくなってしまった。事実の積み重ねのなかで、一人の人間の生き様が浮かび上がってくる。きわめて抑制された淡々とした記述であるからこそ、その人が生きたことの想いが伝わってくる。「文庫版のための少し長いあとがき」は、心動かされるというか、言葉にならない。