サン=シモン『産業者の教理問答』

産業者の教理問答―他一篇 (岩波文庫)

サン=シモン『産業者の教理問答 他一篇』岩波文庫、2001年。

封建体制から産業体制へという社会進化の枠組みなのだが、それは王制を前提とした「産業的君主制」として論じられている。時代背景からすれば当然かもしれない。巻末の「解説」では、これをサン=シモンの現実主義の現れとし、利用可能であるからそのように構想しているとされている(351ページ)。

『産業者の教理問答』の第三分冊はオーギュスト・コントが担当し、その内容の大部分は自身の「社会再組織のために必要な科学的作業のプラン」であったという(この訳書では省略されている)。これはサン=シモンの趣旨に従ったものではなく、それゆえ、サン=シモンは、コントに対し批判的な内容の「まえがき」を第三分冊に付け、両者は決裂することになる。

サン=シモンのコント批判(188~189ページ)は、本来、同等に必要であるはずの「アリストテレス的能力」と「プラトン的能力」のうちコントが前者しか扱っておらず、「われわれの体系」の「科学的部分」しか説明していないことにある。この批判、また二つの能力が同等に必要だという議論は、社会学にとって今でも重要かもしれない。

上記の第三分冊でコントは、「社会物理学」という言葉を用いている(192ページ)。それに付けられている訳注(40)によると、コントは以後も「社会物理学」という言葉を使い、1839年の『実証哲学講義』第四巻で、これを「社会学」と言い換えるようになるという。