Recognition and Power

Recognition And Power: Axel Honneth And the Tradition of Critical Social Theory

Bert van den Brink and David Owen ed., 2007, Recognition and Power, New York: Cambrige University Press.

購入本。

編者によるintroductionを除いて、様々な論者の11の論考が収められ、それをふまえて、ホネットの”Recognition as Ideology”と”Rejoinder”が収録されている。あとで目次を記しておく。

それにしても、ハードカバーなので値段が高い!