雑記」カテゴリーアーカイブ

ほぼ日手帳2009spring

ほぼ日刊イトイ新聞 – ほぼ日手帳2010

ほぼ日刊イトイ新聞 – ほぼ日手帳2010

数年前から手帳はずっと「ほぼ日手帳」。そろそろ別のものに変えようかなと考えたが、やっぱり「ほぼ日手帳」。

今年は4月はじまりのspringバージョンにしてみた。選んだカバーは人気があったようで、サイトではもう完売(再入荷なし) 😮 ぎりぎりセーフだったようだ。

springバージョンには、時間割が2つ分ついていた。これは便利! でも、同じものを持っている学生がいそうな気もする……。

Rainlendar

Rainlendar – Home

Rainlendar – Home

カレンダーソフト。イベントやToDo編集の管理も行える。様々なスキンが公開されており、かなり自由にカスタマイズできる。これは良いかも。少し使ってみよう。

ダークナイト

どうしても見たかった映画をようやく見ることができました。バットマンシリーズの最新作、『ダークナイト』です。映画館に行くこと自体、ほぼ1年ぶり。前回、映画館に入ったのは、子どもと一緒に見た、去年の夏のポケモンです。

それはともかく『ダークナイト』、前評判が非常に高くて、大いに期待していたのですが、まさに期待通り、というか期待をはるかに越える、すさまじい映画でした。アメコミの映画化といっても、いわゆるヒーローものの枠にはとても収まらない、破格のクライムアクション、犯罪映画と言っていいと思います。

以下、若干ネタバレになるので、ご覧になってない方はご注意ください。

続きを読む

たぶん初めて

この週末、地区の子ども会の行事で、遊園地に行ってきました。そこで、うちの子どもの希望により乗ったのがジェットコースター。距離は短かったのですが、設置されている地形に傾斜があり、けっこう迫力があります。うちの子どもも、だいぶ楽しめたようでした。

で、あらためて考えてみると、私、人生初のジェットコースターだったかも 🙄 。これまでジェットコースターに乗った記憶が全くありません。いや、そもそも地元には、私が子どものころ、ジェットコースターのある遊園地がなかったと思います。大きくなってからも、遊園地にはあまり行く機会はありませんでした。

なんだか新鮮な体験というか、子どもと一緒にいると、いろいろ人生の勉強(?)が出来てよいです 🙂 。

それはともかく、ジェットコースターに気をよくして、そのあとで乗った遊具がすごかった! 事前に確認せず、まあ大したことないんだろうと思ってたら、まさに絶叫マシン 😮 。親子ともども涙目になってしまいました。でもまあ、よい思い出になったかな。

TiddlyWiki

TiddlyWikiというのは、htmlファイル一枚で作られているWikiです。サーバ不要で、ブラウザさえあれば使用できます。ウェブ上に公開することも可能ですが、個人用のローカルのWikiとして使うケースが多いようです。

実は、1年ほど前にTiddlyWikiをいったん使おうとして、そのまま放置。ほとんど忘れていたのですが、数日前、パソコンのハードディスクを整理していて、再発見。ちょっと試してみようと思い、いろいろやってみたところ、これが非常に素晴らしいツールであることが分かりました。

上記のように、サーバ不要なので手軽に使えます。(いろいろプラグインなどを入れると)最初の立ち上がりに少し時間がかかりますが、その後の操作はきわめてスムーズ。ファイル一枚なので、USBメモリに入れて持ち運ぶことも可能。

また、様々なプラグインが開発されており、それを入れることで、カレンダー機能やリマインダ機能を実装できます。独自のWiki記法を覚える必要はありますが、それほど難しくはないですし、補助のプラグインもあります。

使い勝手がよいので、以前、タスク管理ツールに記したTodo.phpから、各種のTodoリストを移しました、デスクトップに貼り付けている付箋ソフトのデータも移すつもりです。今後は、TiddlyWikiに、メモ作成、クリッピング、スケジュール管理、Todo管理などを一元化しようと思っています。

今回、TiddlyWikiを導入するにさいして参考にしたサイトを挙げておきます。

TiddlyWiki、本当にオススメです。 😉

「この毎日は生きるに値するか」

「スカイ・クロラ」を「崖の上のポニョ」と同時期に公開 押井守監督に聞く : 100人のジブリ : ジブリをいっぱい : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「スカイ・クロラ」を「崖の上のポニョ」と同時期に公開 押井守監督に聞く : 100人のジブリ : ジブリをいっぱい : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

押井守監督のインタビュー。恋愛映画と社会性、普遍的な問い、プロパガンダがダメであること等、かなり興味深い。少し長いが引用。

押井 この毎日は生きるに値するか。その実感をつかむにはどうしたらいいか。生きることの値打ちを問うことが、今回の映画作りそのものだった。実生活においてもはつらつとしようと心がけたし、魅力的な人間であろうと努力した。空手の稽古にも毎週通って身体も鍛えた。自分自身が失いかけていたものを取り戻すために、明日、新しいことをやろうという考えは排除して、できる限り「今日」やる情熱を持とうとしたんだ。

「青年とは年齢ではない」という恩師の言葉を思い出した。

新年度、しかし体調悪し

新年度なのですが、ここ数日、体調が悪いです。身体がだるくて、少し熱があるような感じ。風邪っぽいです。やることはいろいろあるのに、なかなか進みません 🙁 。

考えてみると、毎年、3月末から4月はじめは、なにかしら体調を崩しています。去年も一昨年もそうでした。この季節は、鬼門だなあ 😕 。

タスク管理ツール

うーむ、終わらない…… 😕 やはり見通しが甘かったか……。計画を立て直さないといけない。

それはともかく表題ですが、PHP 1ファイルのみでDB不要のTODO管理ツール – Todo.php [ゼロと無限の間に:Sandbox]。ちょっと試してみたのですが、非常に軽快で使いやすいです。Todo.phpと手帳の二本立てて、うまくやれそうな気がします。

しかしまあ、とにかく、タスクの見通しをきちんと立てられないとダメかも 🙁