Mizukami.info

アクセル・ホネット(Axel Honneth)関連文献リスト

アクセル・ホネットの社会思想・社会理論に関する各種文献のリストです。各文献について、個人的な注記やコメント、引用を適宜、記しています。このリストは、次のような『社会学評論』スタイルに従って作成していきます。

Fromm, Erich, 1941, Escape from Freedom, New York: Reinehart and Winston.(=1951,日高六郎訳『自由からの逃走』東京創元社.)

アクセル・ホネット邦訳文献

アクセル・ホネットの文献のうち、邦訳されているもののリストです。

著作

Honneth, Axel, 1983, Kritik der Macht, Frankfurt: Suhrkamp. (=1992, 河上倫逸訳『権力の批判』法政大学出版局. )

――――, 1992, Kampf um Anerkennung, Frankfurt: Suhrkamp. (=2003, 山本啓・直江清隆訳『承認をめぐる闘争』法政大学出版局. )(=2014, 山本啓・直江清隆訳『承認をめぐる闘争〔増補版〕』法政大学出版局. )

――――, 2000, Das Andere der Gerechtigkeit, Frankfurt: Suhrkamp. (=2005, 加藤泰史・日暮雅夫他訳『正義の他者』法政大学出版局.)

――――, 2001, Leiden an Unbestimmtheit, Stuttgart: Reclam. (=2009, 島崎隆・明石英人・大河内泰樹・徳地真弥 訳『自由であることの苦しみ――ヘーゲル『法哲学』の再生』未來社.)

一年前から、社会的正義の構想のための基礎をデザインするという試みに私は取りかかっています。そしてこの構想は、私たちの時代の自由を保証する制度の詳しい説明へとつながることになるのです。[中略]こうして私は、社会的現実にそって自由を保証するこうした制度の構造を認識することができるわけです。そして、ヘーゲルの場合と同様に、そのさいまた、社会的な病理現象に注意を向けるという試みが重要であるはずであり……(3-4ページより)。

――――, 2003, Unsichtbarkeit, Frankfurt: Suhrkamp. (=2015, 宮本真也・日暮雅夫・水上英徳訳『見えないこと』法政大学出版局.)

――――, 2005,Verdinglichung, Frankfurt: Suhrkamp. (=2011, 辰巳伸知・宮本真也訳『物象化』法政大学出版局.)

――――, 2007, Pathologien der Vernunft, Frankfurt: Suhrkamp. (=2019, 出口剛司・宮本真也・日暮雅夫・片上平二郎・長澤麻子訳『理性の病理』法政大学出版局.)

――――, [2015]2017, Die Idee der Sozialismus, Berlin: Suhrkamp. (=2021, 日暮雅夫・三崎和志訳『社会主義の理念』法政大学出版局.)

Fraser, Nancy und Axel Honneth, 2003,Umverteilung oder Anerkennung?, Frankfurt: Suhrkamp. (=2012, 加藤泰史監訳『再配分か承認か?』法政大学出版局.)

論文等

アクセル・ホネット,1999,「軽んじ(られ)ることの社会的ダイナミズム―ひとつの批判的社会理論の位置づけのために」情況出版編集部『フランクフルト学派の今を読む』情況出版,6-30.

――――,2003,「批判的社会理論の承認論的転回―アクセル・ホネットへのインタヴュー」永井彰・日暮雅夫『批判的社会理論の現在』晃洋書房,177-221.

――――,2021,「資本主義、批判、社会的自由」 マルクス・ガブリエル,イマニュエル・ウォーラーステイン,ナンシー・フレイザー,アクセル・ホネット,ジョン・ベラミー・フォスター,大河内泰樹,斎藤幸平,ガエル・カーティ『資本主義と危機―世界の知識人からの警告』岩波書店,45-75.


アクセル・ホネット日本語二次文献

アクセル・ホネットの社会思想・社会理論に関する日本語二次文献のリストです。基本的に文献現物を手元で確認の上、掲載します。

論文等

赤石憲昭,2007,「ホネットの批判的社会理論の批判性―現代における労働と承認の問題圏」『情況』68: 134-159.

千葉健,2006,「自己実現の病理学―A・ホネットの社会哲学における承認論の射程」『倫理学』22: 29-39.

千葉健,2006,「コミュニケーションをめぐる闘争―アクセル・ホネットにおける承認の道徳とその認識論的基礎について」『哲学・思想論集』31: 67-81.

藤野寛,2010,「アクセル・ホネットと社会的なもの」『言語社会』4: 239-256.

日暮雅夫,2002,「承認論の現代的座標―ホネット社会理論の展開」『思想』935: 48-65.

宮本真也,2002,「承認とコミュニケーション」『年報人間科学』23(1): 1-20.

宮本真也,2005,「コミュニケーションのエピステモロジーへ」『社会学研究』78: 95-117.

水上英徳,2003,「公共圏と市民社会―自律的公共圏の社会的条件―」『社会学年報』32: 25-46.

水上英徳,2004,「再分配をめぐる闘争と承認をめぐる闘争─フレイザー/ホネット論争の問題提起─」『社会学研究』76: 29-54.

水上英徳,2005,「労働と承認―ホネット承認論の視角から」『社会学研究』78: 73-94.

大畠啓,2002,「HabermasとHonnethにおける理論と実践」『社会学評論』53(3): 365-379.

大畠啓,2008,「理性の社会病理学としての批判理論—A.ホネットの「世界を切り開く批判」『社会分析』35: 61-78.

大河内泰樹,2007,「カントとヘーゲルの間―現代批判理論の位置規程をめぐって」『情況』68: 120-133.

佐藤直樹,2005,「グローバル化時代における公共圏再考への視座―フレイザーとホネットの対話を通して」『年報社会学論集』18: 276-287.


その他関連日本語文献

アクセル・ホネットの社会思想・社会理論を主題としているわけではありませんが、言及や関連がある日本語文献のリストです。

論文等

加藤尚武,2007,「『精神現象学』というゆがんだ真珠:哲学的アイデアの宝庫」『現代思想』35-9: 8-13.

どこかに「ヘーゲルの承認論」という幽霊がいて、その幽霊について、膨大な書物が書かれているけれども、幽霊は一度も姿を見せない。(12ページ)

高橋順一・藤野寛・田辺秋守・仲正昌樹・浜野喬士,2007,「座談会:ドイツ現代思想をめぐって」『情況』68: 64-99.

作成:   更新: